· 

「学習する組織入門」小田理一郎著、英治出版刊

学習する組織」とは、目的に向けて効果的に行動するために、集団としての意識と能力を継続的に高め、伸ばし続ける組織です。

 

学習する組織の学習とは、目的に向けて効果的に行動するための意識と能力を高めること。

わかるよりできるに、主眼がある。

 

能力とは目的を達成するために行為者が繰り返し行うルーティンであり、長い時間での収穫量と喪失量の差の蓄積です。

意識とは、行為者がどの程度、現実にある外の世界や自分自身の行動、そして自分や集団の心の中で何が起こっているかに気づいているかの度合いを指します。